ケイアイカーザ

美しい暮らしを約束するイタリアン注文住宅
Free.0120-15-1722

住むほどにデザインを楽しめる家

群馬県T様邸

「カフェや雑貨店を思わせるスタイリッシュな外観に目を引かれて…」。高崎展示場がモデルハウスだと気づかず、ご夫婦で訪れたのがカーザの家づくりを知るキッカケだったという。四角いフォルムと中庭を囲むレイアウトがご夫婦の好奇心をくすぐったそう。「日本の住宅にはない、斬新な空間の使い方に惹かれました。マイホームを考える中で、いくつかのメーカーに相談を持ちかけましたが、私たちの要望に応えてくれたのはカーザだけでした」とご主人。
ご夫婦のテーマは「子ども中心の家づくり」。安心して暮らせる機能、好みや成長に合わせてインテリアを変えられるシンプルなデザインなど。また、狭小スペースでありながら、カーザらしいゆったりとした空間を演出することもこだわりのひとつでした。レイアウトからデザインまで、お子様のことを思うご夫婦のこだわりが反映されています。

家族が集うリビングダイニングは、白を基調にしたシンプルな空間。家具や雑貨で暮らしを彩ることが好きだというご夫婦。ベースをシンプルにすることで、ファブリックのカラーやデザインがインテリアのアクセントに。「そのときの気分や季節、子どもの成長に合わせてインテリアを遊べるのが良いですね」とご主人。また、白をベースにすることでスペースの狭小感を軽減。カーザらしいゆったりとした開放感が生まれています。

リビング併設のキッチンは、1階で遊ぶ子どもたちの様子を見守ることができる中心的な場所。「リビングやキッチンなど、家のレイアウトを決めるうえでこだわったのは子どもたちの様子を見渡せることでした」と奥様。
また、階段の上り下りを安全にできるよう、幅や蹴上げを調整したり、フロア間の段差をなくしたり…、子どもが安心して暮らせる工夫が随所に施されています。

赤色のテーブルがひと際目を引く2階の共有スペース。隣接のバルコニーから射し込む太陽の光、満点の星空や清々しい夜風を身近に感じられる寛ぎの空間。現在は、ご主人がパソコンをしたり、音楽を聴いたり、仕事や趣味のスペースとして利用しているとか。将来的には、子どもたちのスタディコーナーとして活用することも考えているそうです。

一日の疲れを癒す主寝室は、白×グリーンでリラックス感を演出しています。部屋の両サイドには、布団を収納できるクローゼットと、衣類や荷物など生活用品を収納できる広々としたクローゼットを完備。二面採光で明るさと風通しもバッチリです。

外観の重厚感とは対照的に、エントランスホールと中庭は開放感がキーワード。門扉上と玄関扉横の壁を取り払うことで、開放感と通気性の良さを実現。また、一枚一枚、サイズや色の異なるタイルを配置し、イタリアらしさを演出しています。これらの工夫はすべて、ご主人のアイデアによるもの。造園業の経験を持つ、ご主人ならではのセンスが光っています。
「テラコッタを移動させたり、違った植物を置いてみたり、その時々でデザインを楽しみたい。年数を掛けて、徐々に自分らしい庭を造りたいですね」と、この家で暮らす楽しみのひとつを語ってくれました。

ビルトインガレージは、カーザの家づくりに惹かれた魅力のひとつ。車やバイク、自転車、マンガ、アンティークやヴィンテージの雑貨など、とにかく趣味が多いご主人。ここは、そんなご主人の欲望を満たしてくれる特別な空間。外国映画に出てくるような、少年の秘密基地を連想させます。
1階は大切なバイクの収納や手入れのために用意された空間、ロフト部分はマンガや雑貨に囲まれながら友人と語らえる寛ぎの空間。今後、本棚を設置するなど、自分好みのスペースに仕上げていく構想はバッチリだという。

  • 次の施工実例
  • 前の施工実例
  • 施工実例TOP