ケイアイカーザ

美しい暮らしを約束するイタリアン注文住宅
Free.0120-15-1722

暮らしのストーリーに出会える家

群馬県A様邸

シニョリーナの可愛らしさとベレッツアの上品さ、ふたつの魅力を併せ持つA様邸。
ご夫婦は「家を建てるなら西洋風の建物」と決めていたそう。高崎の展示場に足を運び、出会ったのがカーザの佇まいでした。「白い壁や中庭を囲むように造られたコの字形のレイアウト、アイアンや壁紙を効果的に使用したインテリア…。
思い描いていたイメージにピッタリだった」とご主人。
“見た目”と“暮らしやすさ”の両方をベースに、基本となるレイアウトから細部の装飾まで、営業やコーディネイターと打合せを重ねていきました。「私たちの抽象的なイメージをコーディネイターの方に相談すると、一つひとつ丁寧に具現化してくれました。希望以上の仕上がりに満足しています」と奥様。この家に暮らし始めて、まだ1ヵ月半。朝・昼・夜で表情を変える空間の魅力を感じながら、カーザでの暮らしを楽しまれている様子でした。

燦々と降り注ぐ陽の光に包まれた、開放的なリビングダイニング。こちらは奥様お気に入りの空間。
A様邸を造る上でこだわったのが配色。1階はお客様をおもてなしするパブリックな空間、2階は家族のためのプライベートな空間。1階から2階の主寝室に向けて、壁紙のトーンを徐々に落とすことで、空間が持つ役割を上手に表現したそう。
「リビングダイニングは、一日の中で最も長い時間を過ごす場所。明るく、広さもあるので、とても気に入っています。
子どもたちも楽しそうに走りまわっていますよ」と奥様。家族やお客様を迎え入れるこの空間には、奥様の人柄を表すような、優しい風が流れていました。

システムキッチンとダイニングテーブルが一体になった、カーザならではの造りが魅力。
「食事の出し入れが便利で、とても使いやすい」と好評。壁紙とカップボードを好みに合わせてセレクトすることで、居心地の良さも実現されています。
キッチンの斜め上に位置する2階廊下にはアイアンを生かした小窓を設置。キッチンにいながら、家全体と繋がっている一体感もポイントです。

カーザの展示場を色々見て回り、良いと思った部分を融合させて出来た、ご主人こだわりの中2階。
子どもの成長やライフスタイルの変化に合わせて使い方を変えられるフリーな空間。天井が高く取られた開放感と、リビングからは見えない位置に作られたプライベート感、その両方がバランスよくミックスされています。
最近はご主人が読書をしたり、仕事柄、知識に詳しいワインを嗜んだり、ひとりの時間をゆっくり過ごしているそう。
もしかしたら数十年後…、ご主人と息子さんでお酒を飲みながら語らう、そんな姿がここにあるかもしれませんね。

バルコニー前の廊下に設けられた癒しの空間。ソファベンチに座りながら洗濯物を畳んだり、子どもたちと一緒に本を読んだり、ご家族が思い思いの時間を過ごせる場所。行く行くはデザイン性と機能性を兼ね備えた本棚や飾り棚を設置し、空間をさらに有効活用したいそう。

音楽鑑賞や外国人アーティストのフィギア収集が趣味だという、ご主人のために造られた書斎。
2階のバルコニーに設けられた離れ感覚の小部屋で、まさに隠れ家のよう。「仕事から帰宅後、周囲を気にすることなく、この部屋で好きな音楽を存分に楽しんでいます」とご主人。
また、書斎・中2階・リビングに音楽を楽しむためのスピーカーを内蔵。趣味を生活の一部に取り入れることで暮らしを豊かにしたいという、ご主人ならではのこだわりが反映されています。

アイアンの門扉を抜けた先に広がる中庭。客間やリビングに面したコの字形のレイアウトはご夫婦がカーザに決めた理由のひとつ。客間と中庭の段差をなくすことで、子どもたちの出入りも安心に。子どもたちの遊び部屋として活用している客間と、中庭をお兄ちゃんが元気に行ったり来たり…。
また、奥様の希望は家族や友人たちと、中庭で食事やお茶を楽しむこと。テーブルやイスを置いたり、中庭づくりを楽しみたいと考えているようです。

  • 次の施工実例
  • 前の施工実例
  • 施工実例TOP