ケイアイカーザ

美しい暮らしを約束するイタリアン注文住宅
Free.0120-15-1722
 

家族のことを一生分考え抜いた住まい

  • 家族のことを一生分考え抜いた住まい 1
  • 家族のことを一生分考え抜いた住まい 2
  • 家族のことを一生分考え抜いた住まい 3
  • 家族のことを一生分考え抜いた住まい 4
  • 家族のことを一生分考え抜いた住まい 5
  • 家族のことを一生分考え抜いた住まい 6
  • 家族のことを一生分考え抜いた住まい 7

埼玉県/ O 様

閑静な住宅街で、ひときわ白く輝いているお家。それがK様邸です。ご主人のご実家裏に建てられたこの邸宅は、ご夫婦がこれまで培った知識や経験を基に、細部まで徹底的にこだわり抜かれています。 たとえば、ケイアイカーザの魅力の一つである白壁。せっかくの美しさを損なわないように、元々あった電線を移動させ、白壁全体が見えるように工夫してあります。また、お子様が大きくなったときのことを考え、お二人のお部屋が隣り合わないように離されていたりします。 お仕事の関係から、これまで何回も引っ越しを経験してきたお二人。何軒もの賃貸物件で暮らしてきた結果、どんな家が暮らしやすく、どんな家が自分たちのライフスタイルに合っているのか知ることができたと言います。 そんなお二人の知識と経験が、リビング、階段、トイレなど、さまざまな場所に活かされ、無駄なく暮らしにフィットした“自分たち仕様のお家”が完成しました。

やわらかい自然光に包み込まれた昼食タイム。2階廊下にある小窓を通った光が、リビングにアイアン模様の影を落としています。実は、これもご夫婦の狙い通り。ケイアイカーザの魅力の一つである、アイアンをうまく活用した工夫です。「アイアンが好きだったので、門や手すりだけでなく、何か上手く活用したいなと思い、営業さんと相談して2階廊下に小窓を作りました。」とご夫婦の感性が、リビングに明るさと美しさともたらしました。

お家のことをぜんぶ見渡せるキッチン。「キッチンとリビングの間に遮るものを一切無くし、 家族との会話や料理の運び出しの手軽さを考えました。ここからなら子ども部屋にも声が届くし、誰かが帰って来てもすぐに玄関が見えるから、キッチンにいても、孤立することなく家族と一体感があります。」と、ここでは暮らしのことを考えた奥様のアイデアが光っています。

ピンク色のかわいらしい長女のお部屋と、将来のことを考え物置スペースを設けた長男のお部屋。「今は二人とも小さいので大丈夫ですが、大きくなったらきっと自分のプライベート空間を大切にすると思います。だから、二人の部屋は階段を挟んで左と右に離してあるんです。」と旦那様の気遣いからも、ずっとこの家に住むということを考え抜いていることがわかります。

当初、営業からの提案段階では丸い螺旋を描いていた階段も、将来を見越したご夫婦の意見から、直角に曲がる階段へと変更されました。「丸い螺旋だと、内側の階段がすごく狭くなるじゃないですか。あれ、歳をとった時に辛いと思ったんです。ぜったいコケるなって(笑)。」と ご主人。「バリアフリーにすることは、最初から考えていました。そのため、道路から中庭にも 段差を作らず、滑らかな傾斜にしています。」と、見た目だけでなく“しっかり機能すること”を 大切にしたデザインマインドをお二人はお持ちでした。

ご主人の隠し部屋。趣味の鉄道模型を走らせ、無心になれる場所です。「ずっと昔から集めていた雑誌や模型をしまっています。この部屋も当初は正方形に近い形で設計されていたのですが、趣味の関係もあって縦長のレイアウトに変更しました。もちろん、他の部屋のデザイン変更にも影響受けていますが、営業さんがしっかりとこちらの要望を聞き入れてくれたので、思い通りの部屋に仕上がりました。」と、お二人の要望を叶えようと躍起になった営業へのお褒めの言葉もいただきました。